心和ます、えごま。

人と人とが寄り添い暮らす奈川から

​心と心の触れ合いを大切にするあなたに

一生の贈り物

心和ます、えごま。

人と人とが寄り添い暮らす奈川から

​心と心の触れ合いを大切にするあなたに

一生の贈り物

長野県松本市奈川産の

えごまを100%使った

純えごま油

​1本(70㏄)1,500円
期間限定↓

​1,300円
 

えごま

​奈川ではエゴマのことを

「え」または「え~」と呼びます。

漢字で書くと「荏胡麻」

地域が変われば「じゅうねん」と

呼ばれるところもあるそうですね。

昨今、健康に良いとのことで

随分とエゴマが話題となっていますが、

​ここ奈川では、エゴマは特別なものではなく

昔から当たり前に身近にあった食材。

​もちろん、地元で栽培しているものです。

​奈川では実を丸ごと食してきましたが、

搾油することにより

身体に良いとされる油、

アルファリノレン酸が

効果的に摂取できるとのことで

ここ奈川地区でも

搾油機を導入し

自家製えごま油の販売を

​行っています!!

このエゴマのふるさとは

標高1,200m長野県松本市の西の端っこ「奈川」

奈川(ながわ)

 

​お車で、松本ICから西に向かって約50分。

伊那ICからは権平トンネル経由で約1時間
の場所に奈川はあります。

​信州はどこでもそば処ですが、奈川は標高が1,000mを超えるため、朝晩の気温差が大きく、美味しいそばが育つ良いために良い環境を備えており、10月1日からの新そばまつりでは地元松本はもとより、遠方からも多くのお客様が奈川のそばを楽しみに集まります。

​8月20日ごろのそば畑

新緑の中を歩く工女たち
​5月 野麦峠祭り

あゝ野麦峠

 

明治から大正時代の製糸業が盛んだったころ、野麦峠は飛騨から諏訪の製糸工場に通う工女さんが通う道でした。近代化日本を支えた当時の工女たちに思いを馳せながら、5月下旬には「野麦峠祭り」が開催され、工女に扮した子供たちと一緒に記念山行も行われます。

​奈川はそんな歴史の要所でもありました。

糸挽工女の人生を描いた
「あゝ野麦峠」の碑

私たちが育てた えごま です!

​奈川は人口700人にも満たない小さな地区。

​少子高齢化は日本のどこでもそうですが、

​ここ奈川は、それがさらに進んだところ。

高齢化率は47%を超え(平成29年5月現在)ており、松本市35地区中ダントツトップです。

しかし、なんと、

要介護率が平均値以下なんです。

つまり、

元気なお年寄りが多い!ってことです。

エゴマに含まれるαリノレン酸は、

血液サラサラ、

血管を強くする、

うつや認知症にも効果がある。

なんて、言われていますが、

昔から当たり前にエゴマを食してきた

奈川の人の元気が

​その効果を証明しています!

私たちが

えごまを育てています!

5月下旬 種まき

​6月中旬 定植

9月 花が咲きます

​10月中旬 収穫

えごま油を美味しく食べる!

純えごま油

​αリノレン酸を効果的に摂取するために加熱せず、そのままお召し上がりいただくことをお勧めします。

純えごま油がけごはん

炊き立てのご飯にえごま油とお塩をぱらり。

​玉子がけごはんにえごま油のちょい足しもおススメです。

お味噌汁に。

お椀に盛り付けたお味噌汁に、えごま油をタラリ。コクと旨味をプラス。

えごまの実

​えごまの実を食べる時には、フライパンを弱火にかけ、2,3粒はぜるまで炒ります。

炒ったものをすり鉢で擂り、砂糖やお塩で味付けし、えごまのおはぎは奈川の郷土料理です。

​また、擂り潰さずに、シフォンケーキやパンに混ぜ込んでも柔らかいとプチプチの触感の違いがおいしいです。

えごまの実ふりかけ

炒ったえごまとお塩を炊き立てごはんに振りかけて、プチプチ、えごまが香ばしい!えごまの実ごはん。

干しカボチャの擂りえごま和え

​干したカボチャをゆでて戻し、擂りえごまは砂糖と塩で味付けたものをかぼちゃに和えて、安心おやつ。

自家製生絞り

直圧式生絞り

​自社加工室にて、油圧ピストンで加圧することで、えごまを搾ります。1kgから出来るえごま油の量はおおよそ360cc程度です。

黄金色のえごま油

​黄金色は生絞りの証。美しい色と、ナッツにも似た香ばしい香りが自慢です。絞りたてをお届けするため、1回に絞る油は100本程度。それがなくなったらまた次の油を絞ります。賞味期限は未開封冷暗所に保存で10カ月です。開封後はなるべく早く、遅くとも1カ月以内にお召上がり下さい。

    脂肪酸組成試験結果

試験年月日  平成29年2月17日

供 試 品  奈川産えごま油

試験実施場所 食品分析センター

       福島県郡山市喜久田町卸3-24

試験結果 パルミチン酸   6.2%

     ステアリン酸   1.8%

     オレイン酸  15.0%

     リノール酸  13.1%

     αリノレン酸  63.4%

     アラキジン酸   0.1%

     エイコセン酸   0.1%

     その他      0.3%

​今なら、ネットショップ販売1周年キャンペーン実施中!!
通常1本1,500円のえごま油

期間中1本1300円に!!

平成29年11月30日までのご注文に限ります。
​期間中なら何度のご注文もOKです!!

1本70㏄、1本 14日分‼

1,300円​(税込)
​※送料は別途かかります。

※14日分とは↓

1本70㏄÷5㏄=14

1日のえごま油の摂取量は

小さじ1杯(5㏄)程度です。

決済はBASE(ベイス)を利用しています。

ご注文後のメール等もBASEより送信されます。

※お支払いが完了してから商品を発送いたします。
※クレジットカード以外のお支払い方法はメールに記載がございますのでご参照ください。

一般財団法人奈川振興公社 

〒390-1611 長野県松本市奈川2356

お問い合わせ(平日9:00~17:00)

電話 0263ー79ー2077

FAX 0263ー79ー2177